チャンピックスの副作用

禁煙をする事で様々な症状が現れます。
この症状が現れる原因と言うのはニコチンに対する依存によるものなのです。

脳の中にはニコチン受容体と呼ばれる部分が在り、喫煙をする事でニコチンが受容体と結びついて満足感を味わう事が出来るのですが、禁煙をする事でニコチンは体内に入らなくなり、結果的にニコチン受容体がニコチンを求める度合いが強くなり、イライラ感が増してしまったり、落ち着きが無くなる、集中できないなどの症状が起きるのだと言います。

禁煙補助剤の一つにチャンピックスと呼ばれる医薬品が在りますが、チャンピックスを服用する事で症状のドーパミンを放出させるため、ニコチン切れによる症状が緩和されると言われているのです。
そのため、チャンピックスを服用し続ける事で、ニコチン依存が引き下がり、最終的には喫煙をしなくても良い生活を送ることが出来るとしています。

尚、チャンピックスを服用する時には幾つかの注意点が在ります。
これは副作用に対する注意点なのですが、服用する事で眠気が増す時が在ると言われています。
これも一つの副作用として覚えておく必要が有りますが、自動車を運転する前などに服用をして、運転中に睡魔に襲われてしまい、事故を起こす可能性が高いと言われているのです。

これについては実際に起きたケースであり、チャンピックスを服用した後の自動車の運転は控えなければなりません。

また、チャンピックスを服用する事で吐き気が起きると言う副作用が在ります。
吐き気が生じる事で食事を摂ることが難しくなりますので、薬を服用するタイミングは食後が推奨されているのです。

これ以外にも、頭痛や便秘などの副作用が生じるケースが有ると言いますが、気になる症状が起きた場合は専門医に相談する事が大切です。